未分類

Coincheck (コインチェック) の評判まとめ

かつて日本国内最大の取引所として、ユーザーに最も人気があったCoincheck。ネム流出事件を契機として営業を停止していました。しかし、 2018年10月30日に新規口座開設を再開しました。

このCoincheckの営業再開を心待ちしていたユーザーも多くいます。しかし反面「Coincheckって、大丈夫なの?」と言う疑問の声もあるようです。

そこで今回は、再開したCoincheckの評判、メリットやデメリットについて、ツイッター上の評判も含めてもう一度基本的な内容を整理してみましょう。

コインチェック

Coincheck (コインチェック) の評判

Coincheckは、2014年8月に運営がスタートした仮想通貨取引所です。2018年1月26日に起った、580億円相当の仮想通貨ネム流出事件は日本中を震撼させましたが、オンライン証券大手の 「マネックスグループ」の傘下となることでCoincheckは営業を継続することができました。

そして、新しく就任した勝屋敏彦代表取締役のもと、 「世界最高水準のセキュリティーを目指す」仮想通貨取引所としてリニューアルし、10月30日より新規口座開設が再開されました。

ハッキング事件後のサービスの信頼性

019年4月にCoincheckは金融庁の厳しい認可も無事取得し、正式な「仮想通貨取引所」として復活を果たしています。しかし、ハッキングの事件の影響であまり信用できないという方も多いのではないでしょうか。

実はCoincheckの評判は良い傾向にあります。その理由は2つあります。

  • 事件後の対応の高さ
  • マネックスグループ傘下であることへの信頼感

 

まず 事件の3ヶ月後にはすでに流出した日本円にして総額460億円ものネムは返金を完了しており、ユーザーファーストの対応には高い評価が集まりました。

また仮想通貨取引所として復活した今では盗難補償サービスが完備されており、万一ハッキングにより、取引所から仮想通貨が盗難されたとしても、二段階認証をおこなっていた場合には、 最大100万円までの補償を受けられるようです。

マネックスグループは「次の時代のスタンダードとなる価値交換のプラットフォームをつくる」を目標に本格的に仮想通貨産業へ参入しましたが、 オンライン証券で培ったノウハウを活かし、特にセキュリティ面の徹底管理などが高評価につながりました。。