ゲーム

【隻狼】SEKIROのゲームレビュー【結論:神ゲー】

2019年3月22日に、ブラッドボーンやダークソウルシリーズでお馴染みの、フロム・ソフトウェアから、全く新しいタイプの超高難易度ゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」(以下、SEKIRO)が発売されました。

フロムソフトウェアの代表作、「ブラッドボーン」や「ダークソウルシリーズ」に負けず劣らずの、超高難易度ゲームとなっていますが、ブラッドボーンやダークソウルシリーズとはテイストが異なるので、購入に迷っている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、SEKIROのトロフィーをコンプリートまで、徹底的にやり込んだ私が、SEKIROのゲームレビューを書いていきたいと思います。

【総評】アクションゲームの最高峰

個人的な評価としては、アクションゲームの歴史を塗り替えた、アクションゲーム史に残る神ゲーだと感じました。

どんなゲームにも多少の不満はありますし、SEKIROにも不満に感じる部分はありますが、その不満をはるかに上回るほど、アクションゲームとして優れた神ゲーです。

不満に感じた部分についても、後ほどレビューしていきます。

 

アクションのスピード感が素晴らしく、基本的には操作するボタンは、「R1」ボタンのオフェンス、「L1」ボタンの防御だけなのですが、

「R1」・「L1」の2つのボタンのみで、これだけ洗練されたアクションを楽しむことができ、まさに神ゲーです。

個人的にはこんな方にお勧めできるゲームです
  • フロム・ソフトウェアや超高難易度のゲームが好き
  • アクションゲームが好き

 

個人的に良かった・良くなかったと感じたポイントは以下です。

良かった点

  • とにかくアクションが楽しい
  • 絶妙的難易度
良くなかった点

  • カメラワークが悪い
  • (ブラッドボーンやダークソウルシリーズをプレイ済みの方にとっては)
    ダンジョンの探索要素がイマイチ

これら、良かった点・良くなかった点をレビューしていきたいと思います。

良かった点

とにかくアクションが楽しい

このゲームの良さは何と言っても「剣戟(けんげき)」という、SEKIRO独特のシステムです。

一般的なゲームは、HPゲージのみですが、SEKIROではHPゲージの他に、「体幹ゲージ」というスタミナのような概念が存在します。

 

「体幹ゲージ」は、オフェンスするまたは相手のオフェンスを「弾く」ことでゲージを溜めることができ、体幹ゲージを最大まで溜めることで、一気にトドメをさすことができます。

しかし、「体幹ゲージ」は時間の経過とともに減少してしまうため、如何に敵のオフェンスを弾きつつ、オフェンスし続けるかが攻略ポイントとなります。

ブラッドボーンでは、ダメージをくらっても一定時間内にダメージを与えれば、HPを回復することができる「リゲイン」というシステムにより、緊張感を感じさせる試みがなされていましたが、

SEKIROの「剣戟システム」では、ブラッドボーンの「リゲインシステム」以上の緊張感を味わうことができます。

 

そして、その緊張感の中、「体幹ゲージ」を溜めて一気にトドメをさす爽快感にハマってしまうと、もう他のアクションゲームには戻れなくなってしまうでしょう。

絶妙的難易度

これは良くなかった点と表裏一体なのですが、難易度の高さがSEKIROの魅力であるため、良かった点として取り上げます。

 

なぜ良くなかった点と表裏一体なのかというと、SEKIROでは救済措置といえるものがほとんどないため、あまりの高難易度に途中で詰んでしまう可能性があるためです。

SEKIROと同じく、フロム・ソフトウェアから発売されている超高難易度ゲーム「ブラッドボーン」や「ダークソウルシリーズ」では、レベル上げにより任意のステータスを上げることが可能なので、ある程度難易度を調整することが可能です。

一方、SEKIROではレベル上げの概念がなく、上げられるステータスは「HP」と「攻め力(いわゆる、オフェンス力)」のみで、なおかつ「HP」と「攻め力」もいくらでも上げられる訳ではありません。

ですので、プレイヤースキル次第では途中で詰んでしまう可能性が出てきます。

 

私も度々、「本当にクリアできるのか、これ?」と乾いた笑いが出てきましたが、「剣戟システム」といういくら死んでもやめられない不思議な魅力のおかげで、何度もチャレンジすることで徐々にコツをつかみ、ボスを攻略した時の達成感は本当に凄まじいです。

良くなかった点

カメラワークが悪い

特に狭い場所でのカメラワークは非常に悪いです。

スピード感があり、なおかつ高難易度のゲームなので、カメラワークの悪さはプレイに支障をきたします。

カメラワークの悪さでやられてしまうことがあったので、改善してほしいと思いました。

ダンジョンの探索要素がイマイチ

これはフロム・ソフトウェアのブラッドボーンやダークソウルシリーズをプレイした方が、SEKIROをプレイする場合についてなのですが、

ブラッドボーンやダークソウルシリーズと同じようなダンジョン探索要素をSEKIROに求めるとガッカリします。

 

SEKIROでは、ブラッドボーンやダークソウルシリーズほど「複雑で入り組んだマップ」・「道中でショートカットなどのギミックがある」・「貴重なアイテムが落ちている」わけではありません。

ダンジョン探索要素については、ブラッドボーンやダークソウルシリーズが凄すぎるだけあって、SEKIROのマップが狭いということは全くなく、一般的なPS4のゲームと同様に広大なマップが用意されていますので、安心してください。

 

まとめ

そこで今回は、SEKIROのゲームレビューを書いていきました。

 

間違いなくアクションゲーム史に残る神ゲーで、ボスをやっとのことで攻略した時の達成感は半端じゃないです。

超高難易度のゲームなので、人を選んでしまう面もありますが、気になった方はぜひプレイしてみてください。