スポーツ

【2021年】センバツ高校野球大会の選出校予想【東海・北信越地区編】

2020年10月~11月にかけて、春のセンバツ高校野球大会の参加出場への重要な参考資料となる各地方大会が行われました。

東海地区や北信越地区では既に大会が終了し、春のセンバツ高校野球大会の参加の有力候補が絞られました。

 

そこで今回は、東海地区や北信越地区の春のセンバツ高校野球大会の出場校を予想しています。

東海地区

2020年の秋季東海大会の結果

優勝校 中京大中京(愛知)
準優勝校 県岐阜商(岐阜)
ベスト4 三重(三重)
ベスト4 岐阜第一(岐阜)
ベスト8 海星(三重)
ベスト8 至学館(愛知)
ベスト8 東邦(愛知)
ベスト8 岐阜第一(岐阜)

2020年の秋の東海大会は、中京大中京と県岐阜商が2年連続で決勝戦で対戦し、今年も中京大中京に軍配が上がりました。

これで中京大中京は2年連続11回目となり、また、昨年から続く公式戦無敗記録を更新しました。

 

昨年は中日ドラゴンズからドラフト1位指名を受けた高橋宏斗選手や中山礼都選手ら多くのスター選手を擁し、公式戦の無敗を達成した中京大中京は、今年も才能ある選手を多数擁しており、秋季東海大会連覇を達成しました。

東海地区の出場校予想

東海地区のセンバツ高校野球大会への出場枠は「2」となっており、2020年の秋季東海大会の決勝戦に進出した、中京大中京と県岐阜商の選出が濃厚です。

 

  • 中京大中京と県岐阜商の決勝戦のスコアは7対6で実力が伯仲している点、
  • 準決勝のスコアが2試合とも大差がついている(中京大中京 7-0 三重、県岐阜商 6-0 岐阜第一)点

から、東海地区大会ベスト4の三重、岐阜第一が逆転で選出される可能性は低いです。

ですので、中京大中京と県岐阜商が順当に選出されると予想します。

北信越地区

2020年の秋季北信越大会の結果

優勝校 敦賀気比(福井)
準優勝校 上田西(長野)
ベスト4 星稜(石川)
ベスト4 関根学園(新潟)
ベスト8 佐久長聖(長野)
ベスト8 都市大塩尻(長野)
ベスト8 新潟明訓(新潟)
ベスト8 日本航空石川(石川)

2020年の秋の北信越大会は、敦賀気比が5年ぶり6回目となる優勝を達成し、幕を閉じました。

 

その一方で、秋季北信越大会で2連覇を達成していた星稜は準決勝で上田西に敗れ、今年はベスト4という結果に終わりました。

星稜は今年も選出されるのか、以下で詳しく解説していきます。

北信越地区の出場校予想

北信越地区の選抜高校野球大会への出場枠は「2」となっています。

そのため、北信越地区大会を優勝した敦賀気比は当確といえます。

 

そして、残りの1枠ですが、上田西と関根学園で意見が割れることが予想され、星稜は今年は選外になることが予想されます。

 

例年の場合ですと、北信越地区大会で準優勝した上田西が選ばれる可能性が高いのですが、決勝戦の敦賀気比戦で、5-16の大差で敗戦しています。

比較対象となる関根学園は準決勝敗退という結果でしたが、準決勝のスコアは、優勝した敦賀気比に4-5の延長10回サヨナラ負けなので、試合内容で比較した場合には、関根学園に分があります。

 

そして、例年、春のセンバツ高校野球大会ではコールド負けしたチームは選ばれない傾向にあります。

今回の場合、(決勝戦だったのでコールド負けはありませんが)上田西は決勝戦でコールド負けスコアで敗れているため、関根学園がベスト4から逆転で選出されるのではないかと予想します。

まとめ

今回は、東海地区と北信越地区の春のセンバツ高校野球大会の出場校を予想していきました。

 

  • 東海地区は中京大中京と県岐阜商が順当に選出
  • 北信越地区は敦賀気比が当確、関根学園がベスト4から逆転で選出

と予想します

 

春のセンバツ高校野球大会の出場校の選出は2021年1月29日に行われます。

北信越地区の2枠目は特に意見が割れることが予想されるため、どの高校が選ばれるのか、楽しみです。